中元みずきの歌うま映像が熱い!YouTube動画が話題に!

12月4日のFNS歌謡祭(第一夜)に、アナ雪2のエンディングテーマに大抜擢された中元みずきさんが登場しました。
 
若干19歳の新鋭ながら、大快挙といえる躍進ぶりです。
 
全国放送の舞台に立ちながらも堂々とした歌いっぷりを披露し、会場からも大喝采を浴びていましたね。
 
そんな中元みずきさんのルーツを調べてみると、やはり幼い頃から歌に親しんできたことがわかりました。
 
『シンガーソングコンテスト』や『カラオケバトル』など、歌番組への出演歴がすごいのです!
 
予選を勝ち残らなければ本選出場は叶わず、ましてやテレビに出ることもできません。
 
幼い頃からテレビに出るということは、それだけ才能があるということなんですよね。
 
中元みずきさんの目覚ましい活躍が見て取れます。
 
今回は、中元みずきさんの過去の歌うま映像(YouTube)を紹介します。
 
 

その歌唱力はやっぱりすごい!

こちらは今から6年前、2013年の映像です。
中元みずきさんは当時12歳! 
 
まだ小学生だというのに、 深みのある声でとっても大人っぽいですよね。
 
重厚感ある低い声から、キーの高いパートまで、伸びのある歌声を披露してくれています。
 
5歳の時は歌手を目指していたそうですので、この時はすでに7~8年ほどの経歴があるのです。
 
早くから夢を叶える人というのは、 早くから夢に向かってチャレンジしてるんですよね。
 
「武器はただ一つ、この歌声のみ!」
といった力強さが感じられます。
 
「将来は世界に通用する歌手になりたい!」
とはっきり言葉にしているところも、中元みずきさんの芯の強さを感じさせます。
 
ちなみにこちらは、岡山県のシンガーソングコンテストに出場した時の映像なのですが、結果は見事優勝!
 
幼い頃から実力があったんですね!
 

こちらは2017年のカラオケバトルに試乗したときの映像です。
 
選曲がまたすごい!
MISIAさんの『DEEPNESS』を選んでいます!
 
 MISIAさんの魅力は何といっても、観客の心にダイレクトに響き渡るその歌声です。
 
その音域はなんと5オクターブ!
 
プロ中のプロだからこそ出せる歌声なのです。
 
この難しい曲にチャレンジするのですから、歌に対する中元みずきさんの強い思いが伺えますね。
 
しかもチャレンジするだけではなく、見事に自分のものとして歌い上げています。
 
本家本元のMISIAさんがもしこの歌を聴いていたとしても、ここまで見事に歌い上げられてしまえば、拍手を送るしかないですよね?
 
いっぽう、お母さんのコメントがまた素敵です。
 
次回の堺正章さんが「今日の歌後いかがでしたか?」と尋ねると、
 
お母さん曰く「まあまあでした」とのこと(笑)
 
家族の立場上、「素晴らしかった」とも言い難いし、「全然だめだったよ」とも言えませんよね。
 
愛情あふれる言葉だと思います。
 

こちらは、 同じく MISIA さんの『あなたのキスを数えましょう』を歌っている姿です。
 
審査員たちの真剣な眼差しを見ると、将来のスターを発掘しようとする強い思いが感じられます。
 
結果は優勝とはいかなかったようですが、その後につながる強烈なインパクトを残し、 その存在感を音楽協会に知らしめました。
 
この映像から一年半後、自分がまさか『アナ雪2』のエンディングソングを歌うことになるとは、 この時は夢にも思っていなかったでしょう。
 
いやいや、世界に通じる歌姫になることが夢なのですから、あるいはすでに、将来のビジョンとしてしっかり思い描いていたのかもしれません。
 
夢を叶える人は、イメージ力もまた強いですからね。
 
 

まとめ

 
今回は、 FNS歌謡祭に出演した中元みずきさんについて、過去の歌うま映像(YouTube)を 紹介しました。
 
大物になる雰囲気が溢れる彼女ですから、数年後には本当に世界の歌姫になっているかもしれませんね。
 
その活躍ぶりを、陰ながら応援しようと思います。